読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ドイツ旅行⑧】ドレスデン【ゼクシッシェ・シュバイツ】

 

f:id:keigogiek:20170411220554j:plain

 渡し船は向こう岸へ着いた。

登山道に入る。登山道には登りやすいように階段が作られている。まわりには背の高い木がまっすぐに伸びている。登るとすぐに心臓が高鳴り、息が上がる。森の空気は濃密で土のにおいや木のにおいが鼻を刺激する。

僕たちは少し休憩することする。登山道から外れ、倒れた大木の上に腰を下ろす。コップにワインを注ぐ。ワインと森の香りが混ざる。ぜいたくな香りだ。

休憩後また山を登る。森を抜けると岩の壁の間に入る。風景が一変する。背の高い岩壁だ。音が遮断されて少し静かになる。岩の隙間にきれいな緑色の苔が生えている。前方から子供の声が聞こえて、親子連れが降りてくる。通り過ぎる時にあいさつをする。山では人はフレンドリーになる。

分かれ道が現れる。左手に行くとテラスのようになっていてエルベ川を見下ろすことができる。眼下に広がる森と川を見渡す。知らず知らずのうちに結構な高さまで登っていた。見下ろす景色は壮大だ。淡い色合いの家々が森や川の色と調和している。

登山道に戻り、更に登る。登り続けると岩でできたアーチ橋があった。結構な長さだ。中世を舞台とする映画に出てきそうな橋だった。まわりにはにょきにょきと大きな岩が生えていて、アーチ橋を囲んでいる。こんな山の上にどうやってこんな巨大な橋を建設したのだろう。昔はここに城でも建っていたのだろうか。昔のドイツの貴族はへんぴな所に城建てる傾向があるようだし。

橋の上には観光客がたくさんいる。みんな写真を撮ったり、景色を眺めたりしている。僕らもすぐにその一員となる。

いま自分が見ているものは岩で出来た橋と森と川だけだ。それなのに自分がいま外国にいるのだということを強く感じた。自分の生まれた場所から遠く離れたところにいる。自分の人生の本来の文脈から別のところにいる。そしてそれがとても正しいことのように感じた。その不自然さが自分にぴったりと寄り添う。

僕たちは橋を渡りきり別の山に入る。こちらの山頂にはお店やレストラン、そしてホテルがある。道路があり車も駐車している。ウアラオプ(長期休暇)にうってつけの避暑地だ。ドイツ人は休む時にはちゃんと休む。体とこころと人生をメンテナンスする時間を大切にしている。

僕たちは森の中に入り、ピクニックをする。下に布を敷き、その上にお弁当と持ってきた食べ物を並べる。ワインを飲みながら、クスクスの入ったサラダやチーズやブロートヒェン(ドイツの小さいパン) をつまむ。デザートにはヨーグルトとキットカットを食べた。

そのままその森の中で過ごす。ただただ時の過ぎ行くままに。

見上げると太陽の光が緑の色の葉に透ける。本当に美しい。目を大きく開きその緑を見つめる。こういう色は絶対に忘れないようにしないとな、と思う。

顔にしずくがあたり、雨が森を打つ音が聞こえる。そろそろ帰り時だった。

下山途中は雨は降ったり止んだりした。下の町に着く頃には雨は本降りになった。びしょびしょになって、僕たちは笑いながら船着場へと急いだ。

船室に入り雨を避ける。こんな急に天気が変わるなんてひどいよね、まわりの乗客達と一緒に笑った。

駅に戻り僕は濡れたシャツを着替えた。次の電車が来るまで少し時間があったので待合室で待った。

帰りの電車では特に会話もせず、窓の外を眺めていた。ベルリン行きのバスは旧市街にあるドレスデン中央駅から出る。

ドレスデン中央駅に着いた。バスが出る前に駅の前のレストランで軽く食事をした。フライドポテトを食べて、スープを飲んで体を温める。

時間になった。ベルリンに帰る時間だ。僕はバス停に行き乗車の手続きを済ませる。彼女にお礼と別れのあいさつをする。彼女に次に会えるのはいつになるだろうか。一生会えないかもしれないし、思いの外簡単に会えるのかもしれない。友達にさよならを言う時はいつもそう思う。僕はドレスデンに来て本当によかったと思う。その街に一人でも友人がいると街の見え方が変わる。これからもそういう場所を増やしたい。世界中のあらゆる場所を特別な場所にしたい。そのために僕は移動し続けたい。

 

f:id:keigogiek:20170411220650j:plain

 

 

 

 

 

【ドイツ旅行⑦】ドレスデン【省略されるべき瑣末な移動】

朝起きて部屋を見渡す。彼女は既に起きていて部屋にいない。部屋から出るとシャワーの音が聞こえた。僕はキッチンに行って、ウォッシングマシーンからコップを取り出し、水道の水を入れる。キッチンのイスに座って水を飲む。キッチンの窓から外を見る。今日も快晴だ。

ドアの開く音が聞こえた。彼女が浴室から出てきたようだ。

しばらくキッチンで待っていると、彼女がやってきた。水を電気ケトルで沸かし、パンをオーブンで温める。ドイツのパンは風味が良くておいしい。軽く表面にバターを塗って食べる。

朝食後軽くランチ用の弁当を作り、飲み物や昨日の開かなかったワインとフーゴをカバンに入れる。彼女のシェア・メイトは結局帰ってこなかったので酒が余っていた。

電車の時間を調べてから新市街にある駅に向かう。朝の涼しさのなか住宅街を間を歩いて行く。駅に着くと往復のチケットを買い、電車を待つ。駅のベンチに座りながら空を見上げる。透き通るような青い空だ。

電車は時間通り駅に着いた。乗客はほとんどいない。出発してから20分ほどで電車はエルベ川沿いの渓谷に入った。まだ少し、というかかなり早い時間だけどワインを開けることにする。プラスチック・カップに軽くワインを注ぎ、エルベ川と渓谷を見ながら飲む。ぽつりぽつりと乗客が降りて行き、乗り込んでくる。学生が数人、家族やカップルが数組。ワインを1、2飲んだところで電車はゼクシッシェ・シュバイツに着いた。

駅前はレトロな佇まいのお店や家が広がっていた。パステルカラーでかわいい。

エルベ川まで歩いて行く。橋がないので渡り船に乗らないといけない。船は今向こう岸にいる。帰って来るまで草むらに寝転ぶ。軽く酔いがまわって気分がいい。深呼吸すると草の香りが生々しい。

彼女はにんじん取り出し生のままかじっている。僕も一本もらい食べて見る。こんなにんじんの食べ方はしたことがない。しかし食べて見ると甘くて意外においしい。

船が向こう岸から出てこちらに向かってくる。船着場で先にチケットを払い、船を待つ。船が着く頃には船着場に30人くらい人が集まっていた。ほとんど全員がドイツ人のようだ。アジア人は僕以外誰もいなかった。

船には船室もあったが、天気も良いので看板にに残る。風が吹くと水のしぶきが顔にあたる。船はのろのろと船体の向きを変え、反対側へ向かった。操舵者は大変だなと思った。一日に何度も川を渡らないといけない。流れを遮ってこちら側から向こう岸へ、向こう岸からこちら側へ。

 

f:id:keigogiek:20170410221453j:plain

 

 

 

【ドイツ旅行⑥】ドレスデン【夕食】

f:id:keigogiek:20170409214413j:plain

ドレスデンの陽は傾いてた。グーグルマップを頼りにスーパーマーケットに向かう。歩いて5分くらいでスーパーについた。Lidl(リドル)の店内に入り、まずは野菜コーナーでにんにくをひとつカゴにいれる。次にお酒のコーナーに行き、赤ワインを二本と緑色のフーゴを一本カゴに追加する。その後乳製品のコーナーに移動しカマンベール・チーズとクラッカーも買うことにする。そしてレジに並ぶ。レジのベルトコンベアに商品を置き、支払いを済まし、買ったものをラフ・トレードのエコバックに入れていく。トートバックの紐を肩に食い込ませながら彼女のアパートへと戻る。

キッチンに戻ると、僕は彼女にお釣りとにんにくを渡す。そしてバッグからワインを一本出して、コルクを抜き、彼女のグラスに注ぐ。

彼女はオーブンのプレートにじゃがいもやたまねぎを置いて、その上から香草や調味料をまぶして、最後にオリーブオイルを注ぐ。プレートごとオーブンに入れて、火を付けて庫内の温度を上げる。後は待つだけだ。クラッカーにチーズをつけてかじりながら、ワインを飲む。

しばらくするとじゃがいもがオーブンの中で揚がった。プレートの上でじゃがいもやたまねぎが良い色になっている。にんにくや香草の香りが食欲をそそる。それを大きなお皿に移し、テーブルに運ぶ。テーブルの上に塩とコショウとケチャップとマヨネーズを出す。最初は軽く塩コショウをかけて食べる。にんにくと香草の風味がとてもいい。シンプルな味付けで食材の味が生きている。プレートの半分くらいを食べたところでお腹いっぱいになった。

食事が済み、後片付けをした。そのままキッチンのテーブルで何をするかを話し合う。今夜どこかに出かけてもいいし、明日どこかに行くなら今夜は早めに休んだ方いい。そこで彼女が提案してくれたのはSächsische Schweiz(ゼクシッシェ・シュバイツ)だった。ゼクシッシェ・シュバイツはドレスデンの近くにある国立公園だ。山があり軽くハイキングが出来る。エルベ川沿いで景色も良いらしい。写真を見せてもらったらとても良さそうなところだった。僕たちはそこに行くことに決めた。明日の朝少し早めに起きないといけないので、今夜外には出掛けないことにした。その後彼女のベッドルームで音楽を聞いたり、残りのワインを飲みながら静かに過ごした。シャワーを浴びて、寝る支度を整えた。ソファーを借りてその日はすぐに寝た。

【ドイツ旅行⑤】ドレスデン【アパートメント】

f:id:keigogiek:20170408235147j:plain

新市街を抜けて彼女のアパートへ向かう。途中で噴水の横を通り過ぎた。その噴水はドレスデンに住む人たちがナイト・アウトする時の待ち合わせ場所に良く使われる。ドレスデンのヒップスターがここで待ち合わせをして、小洒落たバーに行って、オルタナティブなクラブに行ってクラブ・マテでも飲みながら朝まで踊るのだろう。ヒップスター達が踏む軽快なステップが頭に浮かぶ。ふと考えてみる、自分がこの街に住んで、あの噴水の前で友達と待ち合わせをして夜の街に出ることを。ドレスデンの大学でコンピュータ・サイエンスでも勉強して、週末に夜の街に繰り出すのだ。しかしそんなたわいもない妄想は新市街を抜ける頃には頭から蒸発していた。

 

彼女のアパートに着いた。部屋は最上階にあったので到着する頃には僕の心臓がばくばく鳴っていた。彼女のアパートに入る。左手から時計回りにキッチン、そしてベッドルームが3つ並んでいる。彼女は二人の女子大生とアパートをシェアをしている。部屋のドアは全て開け放たれていたので、アパートには誰もいないことが分かる。3時の方向にある部屋が彼女の部屋だ。そこに入り僕たちは荷物を降ろす。こじんまりとした部屋にベッドやソファー、その他生活に必要だったり、不必要なものが詰め込まれている。部屋のデコレーションはオリエンタルな雰囲気だ。窓からはメキシコの工事現場のような場所が見える。

 

キッチンに移動する。ドイツのキッチンはかっこいい。特にシェアをしている家のキッチンは良い。基本的にはごちゃごちゃしている。しかしそれでもなお魅力的だ。色んな人の生活や嗜好がキッチンで混じり合うのでずっと眺めていると色んな発見がある。ものすごい種類のお茶や調味料が並べられていたら、見たこともない穀物があったりする。お茶の棚を見つめていると、彼女がお茶を勧めてきてくれた。ありがたく頂くことにする。数あるお茶の中からジャパニーズ・ティーを選んだ。お茶をすすりながらしばし休憩する。窓から外を覗くと夕暮れに赤く染まるドレスデンが見えた。

夕食はどうしたいかと、彼女に聞かれた。外に出て食べてもいいし、家で作ってもいいと、彼女が言う。

それなら家で何か作ろうか。と僕は家で作ることに賛成する。

彼女は冷蔵庫や食品庫を見て、じゃがいもたくさんあるから食べちゃわないとなと言う。Kartoffel(じゃがいも)料理はドイツの十八番だ。僕はまた彼女の提案にそのまま乗り、じゃあじゃがいもでなにか作ろうかと言う。

キッチンにあった飲みかけのワインをコップに注ぎ、それを飲みながら僕はじゃがいもの皮をむく。ドイツのピーラーは縦型で使いにくい。彼女はたまねぎを切ったり、にんにくを切ったりする。どうやらにんにくが足りないようだ。僕が買い出しに行くことにする。彼女から近くのスーパーの場所を確認して、そこへ行くことにする。ついでにお酒も買い足すことにした。彼女のシェアメイトが帰ってきたらみんなで一緒に飲めるようにワイン二本とフーゴ一本を頼まれる。他に欲しいものがあればなんでも買っていいよと、彼女からテーブルの上にあった20ユーロを渡される。

夕暮れのドレスデンへ僕はおつかいにでる。

【ドイツ旅行④】ドレスデン【旧市街】

f:id:keigogiek:20170407214912j:plain

大学街から出て、ドレスデン中央駅を抜け、旧市街のある方向へ向かう。

ドレスデン中央駅の北側からエルベ川の間が旧市街だ。駅前の通りには新しい建物があり、ショッピングモールになっている。綺麗で実用的だが退屈でもある。ショッピングモールを通り抜けると街の雰囲気が急に変わる。古いレンガ造りの建物が現れ、中世のヨーロッパのような街並みになる。ドレスデンは第二次世界対戦の時に街のほとんどが爆撃で破壊された。この旧市街はその破壊から免れたのか、それとも再建されたのだろうか。

旧市街を練り歩く。数年前に一度見た町並みをまた見る。あーここ見たことあるな、ここもよく覚えてる、と一人でうんうん頷いて懐かしくなってしまう。

前に来た時は冬だった。天気もあまり良いとは言えなかった。初夏のドレスデンはうつくしい。草花は色付き、空は青さまでもが暖かく見える。街行く人の表情もやわらかい。それは僕を安心させる。

旧市街を歩きエルベ川まで向かう。川沿いのレストランのテラスでたくさんの人が食事をしたり、飲み物を飲んでいる。おじいさんが川を眺めたり、子供たちが走り回って遊んでいる。

僕たちは美術館のあるエリアへ行き、空いているベンチに座ってフーゴを飲む。どこからか音楽がきこえる。音を辿っていくと、階段の下でギターを弾いている男がいた。階段の下は建物に囲まれていてまわりからは見えにくい。そのシャイなギター弾きの演奏を階段の上で聞きながらまたフーゴをあおる。

これからどうする?家は新市街の奥にあるけれど、と彼女が言う。トラムならすぐ行けるけど新市街も見たい?

うん、ぜひ見たい。歩いていけるなら歩いて行きたい。景色もみたいから。僕は返した。

二人でエルベ川を渡す大きな橋を渡る。新市街に入るとフリードリヒ・アウグスト一世の金色の像がある。数年に前にも同じものを見た。またこの場所に来てこれを見るとは。静かな感動を感じた。数年前にこれを見た後に新市街で一人ドナー・ケバブを食べた。その後急に降りだした雨の中、街を散策して、ホステルに戻りまた近くのチャイニーズ・レストランでビールを飲んでヌードルを食べた。その後部屋で一緒になった香港や中国人からの留学生たちと楽しく話をしたのを覚えている。そのうちの一人の中国人の女の子が僕に尋ねた。日本の人は中国人のことがきらいなの?僕は彼女に答えた。きらいだと思っている人がいるのは事実だと思う。でも全員じゃないよ。そしてきらいだと言ってる人のほとんどはちゃんと中国の人と話したことがなかったり、中国人の友達がいないだけなんだと思う。彼女は少し首をかしげて、そうなんだ、という反応をした。人は実体のないものでも簡単に好きだと思ったり、きらいだと思ったりする。僕にとってこの金色の像は、ドナーとチャイニーズ・ヌードルとドイツのビールと同じ部屋の留学生たちの記憶の象徴だ。なにをした人なのかは知らないが、僕にとってはその像はマルチカルチュアルな世界の平和の象徴となっている。

 

 

【ドイツ旅行③】ドレスデン【大学】

 

f:id:keigogiek:20170406212759j:plain

僕は天気が良いだけでとにかく気分が良くなる。ビールを片手に大学が建ち並ぶエリアを歩いていく。右手に背の高い建物が並んでいる。彼女がそれは学生寮だと説明してくれる。

ドレスデンはその生活費の安さと大学のレベルの高さから学生に人気のある街のようだ。学生寮の値段を聞いたが驚くほどに安かった。大学の学費はほとんど無料だし、ドイツは学生に優しい。

ドレスデンの大学はドレスデン中央駅の南側集まっている。キャンパスは広大で、移動には自転車やトラムが必要になることもあるそうだ。大学内の移動には公共交通機関を使うだなんでちょっと信じられない。

ドイツの大学にはこれまで何度か行ったことがある。ベルリン自由大学やフンボルトにFDK、ハンブルグの大学やライプツィヒの大学に訪れた。ドイツの大学に行くとそこで勉強したくなる。ドイツの大学で勉強する事が出来ていればと思う。いやそうしようと思えば今からだって出来る。今からだって遅くない。もし自分が本当に望めば。

レンガ造りの建物や近代的な建築のキャンパスが角を曲がる度に現れる。それに対し彼女が施設の説明や個人的な思い出を話してくれる。

僕が大学に入っても大丈夫かと彼女に尋ねる。彼女は目の前にあるレンガ造りを指差して、僕を連れて行く。

建物に入る。天井の高いホールには誰もいない。廊下から人の話し声と足音が聞こえる。廊下へと入る。通路には大学の広報チラシや学生が作ったであろうフライヤーが壁に貼ってあった。ドレスデンの新市街にはバーやクラブがたくさんあって、ナイトライフも充実しているそうだ。それもドレスデンに学生を集める大きな理由の1つらしい。

廊下を渡ると階段があり、階段を上ると教室がある。ちょうど講義が終わったばかりの教室があり、人がドアから溢れ出てくる。僕らはそこに入って行く。教師と生徒が教卓のところで何かを話している。黒板には訳のわからない曲線が書いてある。なんの講義か見当もつかない。

教室は階段状になっていて、席に座ると黒板を見下ろすかたちになる。机は濃い茶色でとても小さい。椅子は固く居心地が悪い。机に頬杖をついて黒板を眺める。なぜかリラックスした気持ちになる。彼女も楽しそうだ。満足した気持ちで僕たちはそのキャンパスを後にする。

 

 

 

 

【ドイツ旅行②】ドレスデン【スーパーマーケット】

f:id:keigogiek:20170405220031j:plain

彼女と再会したのはドレスデン駅前のレーヴェ(REWE)の野菜売り場だった。公園で彼女と一緒にビールでも飲もうと思い僕はスーパーに立ち寄った。なにか欲しいものがあるか彼女にテキストをして、僕がレーヴェに寄ると伝えた。すると彼女は僕を待たずに直接レーヴェへ来た。

挨拶代わりにハグをした。彼女の肩越しにトマトの燃えるような赤さやきゅうりの深い緑色が目に映った。

別に僕らは深い関係ではない。ただの友達だ。だからロマンチックな再会なんて望んでいなかった。だけどスーパーの野菜売り場はさすがにないだろう。
現実というものはイーサン・ホークの出ているロマンチックな恋愛映画から遠く隔たれたところにあるのだ。

でも僕にはこれで十分だった。偶然の出会いが自分を別のところに運んでくれるだけで満足している。

拍子の抜けるような再会をした後、僕らはビール売り場に移動した。好きなビールがあるかと僕は彼女にきいた。すると彼女はビールはあまり好きじゃないと答えた。

世の中にはビールを飲まないドイツ人もいるのだ。僕は少し驚いた。僕が彼女の事を何も知らないのだという事実もまた僕を驚かせた。でも考えてみると至極当たり前の事で、一緒に過ごした時間が短すぎるのだ。

僕は彼女に勧められたドレスデン産のビールを常温のまま一本手に持った。

彼女はワインを好むようだ。二人で今度はワイン売り場に移った。そこで彼女はふと何かを思い巡らせて、フーゴは好きかと僕にきいた。

僕はフーゴが何かを知らなかった。フーゴはどうやら甘めのシャンパンのような飲み物らしい。

うん、それも飲みたいと僕は同意した。彼女は緑色とピンク色のフーゴを手に取った。

僕は小腹が空いていたのでプレッツェルを1つ買うことにした。

店内をぷらぷらと歩き回る。お菓子売り場や生活用品売り場を通り過ぎる。ハリボーやら黄色いパッケージのクッキー、サランラップやトイレットペーパーが棚に並んでいる。

久しぶりに会ったのに、こんなに生活感溢れるスーパーの店内を歩いてる。なんだか変な感じがして笑ってしまった。

僕らはレジの行列に並び、会計を済ませた。外に出て、彼女はフーゴを自分のボトルに入れて歩きながらでも飲みやすいようにした。彼女はワイルドで、そしてヒッピーなのだ。

どこに行きたいか彼女が尋ねる。僕はビールを飲みながら考えた。

前に一度来たことがあるし、旧市街は軽く見るだけでいいな。見たことないところに行きたかった。ドレスデンの大学をみたいかもしれない。そう彼女に伝えた。

じゃあキャンパスツアーをしようと、僕らは駅の南側にある大学群を歩いて回ることにした。

僕はプレッツェルを袋からだし、表面の塩の塊を払い落とし、それをかじりながら歩く。たまにちょっと立ち止まってビールをすする。

彼女からインドの話を聞いたり、ドレスデンの話や家族の話、他愛のない話をしながら歩く。彼女とは他愛のない話が非常にしやすい。僕は話すのがあまり得意ではない。でも彼女とはなぜか話せる。そういう人はこの世の中にちゃんと存在している。そして当然それは僕にとって救いとなる。

陽気のなか大学に向けて僕らはくだらない話をしながら歩いていく。